求人情報のCADの事務員とは初心者でも分かりやすく説明します

求人情報にはよくCAD事務員を募集していることがありますが、そもそもパソコンで使う製図ソフトのことで例えば建設現場や機械、容器に配管などを製図して図面製作してからそれを製作所へ送ります。設計者は依頼を元に希望に合わせた製品を検討してから、配置検討や物理的に制作が出来るか、さらに応力や加重計算をします。計算方法やソフトの使い方の習得や製図法を学んでいて、規格に決められている指示方法も図面に繁栄させます。事務として働くときには基本的な知識で他にも学ばなければいけない知識や経験は多いです。ただ現場事務員だとそこまでのスキルは不要で、最初から全てを描くことはなく若い人から中年の方まで幅広く活躍しています。実際に行う作業は、ソフトを使いエクセルのような表の製作や訂正図面の簡単な修正、日付変更や拡大縮小印刷などです。

CADを使い表や形成図面の修正などを行う

求人で出ている主な仕事内容は、エクセルのような表を製作する作業は、最初に用意されている図面を使って製作する物の主な寸法をまとめていきます。表の作成もエクセルの表作成に似ているので難しいことはなく、一度理解すれば簡単に行うことが出来ます。表の欄は多いため手間がかかる作業なので時間はかかります。他に設計者が製図した図面がそのまま依頼者の承諾が得られることは少なく、修正や要望にあわせて図面を修正します。数字が抜けていたり、名前や字が間違っていることも多いのでこれを事務が直します。小さい間違いだと設計者は自分で直すことがあまりないので、その時に必要になります。実際に製図を作ったり建物を作るなどの工事や管理は技術職の方が行い、それ以外の作業をサポートします。契約や書類整備、電話応対や掲示板作成に請求書の確認、来客対応などの業務もあります。作業を進めるには欠かせない仕事です。

図面の日付変更や拡大縮小印刷などの作業も

図面修正の一つで日付変更もよくある作業で、同じ製図でも提出日や申請日、承認日などが変りその都度修正するのが大変です。拡大縮小印刷も簡単な設定なのでこれも行うことがあります。状況次第で何十枚も印刷して日付を変更してから適した紙のサイズで出力してほしい依頼も珍しくありません。図面枚数は100枚以上になることもあり、それを一つずつ行うと時間もかかるので設計者はそれをお願いしてから、後からチェックだけ行うと仕事を分担することで効率もよくなります。作業を分担することで、短時間で済みますし、チェックのみなら設計者も自分の仕事に集中出来ます。一見、かなりの専門的知識が必要に感じますが、基本的な知識があれば未経験者でも可能です。CADという名前が付いている求人だと難しいイメージがありますが実際はそれほどではありません。