CADを使える事務員の求人の特徴について説明します

現場事務の求人を見るとCADと書かれていることもありますが、これは現場や機械に容器、配管などを製図して図面製作するソフトのことです。出来た図面を製作会社へ送って製品を作るために作成します。設計者は顧客の依頼をもとに要望などにあわせた製品を検討してから、配置の検討や物理的に製作が出来るかなど様々な計算も行ってから図面を作成します。応力や加重などの計算方法やソフトの使い方の習得、製図法などを勉強してから規格に定められている指示の方法を図面に反映させます。使いこなすには専門の知識が必要で、それ以外にも経験なども必要です。では、求人でもそこまでの知識や技術などが必要かというとそうでもなく、あくまで補助的な作業を主に行います。一見、難しいような感じがしますが一度覚えればそれほど難しくありません。

求人のCAD事務の主な仕事とは

一般的なCADの設計者は専門的な知識が必要ですが、事務だとそこまでのスキルが求められることは少ないです。一から物を描いていく作業はないので心配もなく、20代から50代までの年代が働いています。実際の業務で行う実務だと、製図ソフトを使ってエクセルのような表を作り、訂正図面の簡単な修正作業、図面の日付変更やソフトで行う拡大縮小印刷などです。設計者の方が忙しくて時間が取れない時に依頼することが多く、どの仕事も簡単に行えます。現場の事務員の仕事は、実際に建物を造っている作業員や現場監督などを支えることです。長期の工事に合わせて契約社員が入って作業を行うことが多く、若い人から中年まで幅広く働けるところでもあります。場所は現場だとプレハブが一般的で、掃除などは清掃員の方が行ったりします。

表の製作や簡単な図面修正などの作業

製図ソフトで用意されている図面を使って製作する物の主要な寸法を表にまとめる作業は、エクセルの作業に似ています。一度、理解すれば簡単な作業間隔で行えます。表欄は多いので手間がかかる作業ですが、これも慣れればそれほど難しい作業ではありません。設計者が製図したそのままの図面だと数字が抜けていたり、名前などが間違っていることもあります。その間違っている箇所を修正していきます。他にも日付変更もよくある仕事で、同じ製図でも提出日や申請日、承認日などが違う時もあるので修正をしたり、さらに拡大縮小印刷も行います。顧客から何十枚も印刷と日付変更を行い、希望の紙へ出力して欲しいという依頼もあるので、それを設計者の代わりに行います。一人で全て行うとかなりの手間や時間がかかりますが、分担することで効率も良くなりそれぞれの負担も少なくなります。

スキルアップをしたい人や、大規模案件に挑戦したい人など、活躍できる場を用意しています。 建築求人.jpへはサイトのお問い合わせからご連絡ください。 未経験者から建設40年のベテラン技術者まで、さまざまなメンバーが活躍しています。 お客様のご要望とスキルに合わせた求人を紹介しています。 建築求人.jpの利用に料金は一切必要ありません。 建築求人.jpでCAD・事務関連の求人を見つけよう!!